ホーム

 当社は、標準療法等で見放されたがん患者のQOLを向上させ、医師の手技レベルに左右されず医療の均質化を容易に実現する「腫瘍標的型低侵襲療法」を開発しています。この新療法をいち早く手の届く価格で提供し、東工大発の医療技術で世界の医療に貢献することが当社のミッションです。

 「腫瘍標的型低侵襲療法」は、当社が独自に開発した腫瘍封止ナノデバイス(MD2)を腫瘍に対して局所投与し、腫瘍の周囲を特異的に包囲することで、がん細胞への酸素・栄養供給を遮断し抗腫瘍効果を得る療法です。この療法で用いるMD2は生分解性を有しており、やがて体内で分解されていきます。

 本療法は、当社と東京工業大学 生命理工学院 近藤研究室との共同研究で開発を進めています。

メディギア・インターナショナル株式会社

〒226-8510

神奈川県横浜市緑区長津田町4259-3

東工大横浜ベンチャープラザ W303

TEL: 045-532-9565

E-mail: mgi@medigear.co.jp

新着情報